飯窪春菜ちゃんファンサイト『はるなんマガジン』

9/29(土)発売の雑誌『月刊ENTAME』に譜久村聖さん、飯窪春菜ちゃん、石田亜佑美さんがモーニング娘。JK代表としてインタビューに答えています。



譜久村聖さんと石田亜佑美さんは高校に入学して半年。学校には慣れたそうですが、石田さんは一人カラオケをした話を披露オフの日も学校の友達よりメンバーと遊ぶことが多いようです。

はるなん
「高校の途中からモーニング娘。になったから、友達は変わらずに接してくれますね。変に『芸能人だ~』とか騒がれないその感じが心地いいし、モーニング娘。も学校もどっちも大事です!」

はるなんはそれほど変わらない日常を過ごせているようです。
とはいえ、仕事の関係で学校帰りの集まりに出られないことが多いんだとか。

はるなん
「でも、みんな本当に優しくて、プリクラにはその場にいなかった私の名前も書いてくれたりするんですよ~」

はるなんはファンのみならず、友人にも愛されてるようですね。命を救われた話もありましたし。

誌面では三人が事前に回答した質問票をもとにしてトークがすすんでいきました。



Q.よく読む雑誌は?


A.Seventeen・ViVi


はるなん
「学校の図書館に置いてあるんですよ。JJとかポップティーンも全部揃っているから、高校が漫画喫茶状態になっています(笑)」

JK組でファッションの意識が高いのは誰?という質問にも、譜久村聖さんが「はるなんですね」と答えています。さすが元ラブベリーナ。モーニング娘。のおしゃれ番長ですね。



Q.よく使っているJK語は?


A.真顔


譜久村聖さん
「はるなんの『真顔』って何?」

はるなん
「あれ、使わないですか?『今度、遊ぼうよ。真顔』とか『いい加減にしてよ。真顔』とか、しゃべるというよりメールで使うんです。意味的には『リアルに』っていう感じです」

実にJKらしいエピソード。

そんなはるなん、高校卒業後の進路についてどう考えているのか答えています。



Q.高校を卒業したら、やりたいことは?


はるなん
「仕事に専念したいです。」

とのこと。まだモーニング娘。に加入して一年の飯窪春菜ちゃん。普段はおしゃれが大好き、流行に敏感なイマドキ女子高生のようですね。
今後ますますの成長に期待です!


Copyright © iikuboharuna.com All Rights Reserved.