飯窪春菜ちゃんファンサイト『はるなんマガジン』

『ハルナンシングサガ』ダウンロードページ



以下、第二弾配信に至るまで2年の軌跡です。これらの構想はすべて犠牲になったのだ…犠牲にな…


・はるなんクエストII

    はるなんクエストの続編。戦闘は5人制サイドビュー。生配信でアドバイスを受けつつ作成していくも風呂敷を広げすぎたためボツに。新宿の街並みをツクールのタイルセットで再現しようとしたりしてた。無理。

・はるなんvs無人島
    はるなんたちが無人島でサバイバルしていくゲーム。食料を調達したり、アイテムを駆使して謎解きしながら進めていく。島からの脱出が目的。最終的に超能力バトル要素が入ってきて、「あ。作りたかったのこれじゃないな」となってボツに。

・はるなんの野望
    はるなんが戦国時代を生き抜くゲーム。ニコニコ動画で信長の野望の動画を見たのがきっかけ。はるなんの親友・和田彩花さんが自軍のエース。和風素材(侍の敵絵とか)を購入するなど意気込むもRPGというよりシミュレーションゲーム要素が多く、本当に作りたいものを実現しようとするとツクールのデフォルトシステムから大幅な改変が必要になるためボツ。

・はるなんソウル
    PS3の名作『デモンズソウル』『ダークソウル』を目指してつい最近まで作っていたゲーム。メンバーが全員死亡しているところからスタートするため非常に話が重い。暗い。





こういった失敗作を重ねて学んだことはいくつもあります。

舞台を現代に近づけると、例えば街で戦っていたら「なんで警察でてこないの?」とか、「家にトイレがないけど」とか、そういった細かい粗のような矛盾が目立ってしまう。ファンタジーだったら「そういう世界だから」で大体ごまかせる。

あとはゲームって完成までの時間が長いので制作におけるモチベーションの維持が相当むずかしい。なので、短く簡単に作ってバージョンアップを重ねていくのが理想。

まあ色々ありますが、配信は今週末にでも出来そうです。
とりあえず遊べるのはゲームの触りだけ。以後はシナリオやアイテムの追加を細かくやっていきたいと思います。



Copyright © iikuboharuna.com All Rights Reserved.